正しいブローの仕方でツヤサラ髪を作る!

「ドライヤーは髪を痛めるから自然乾燥が1番」
これは間違いです!
髪を洗った後はしっかりとタオルドライしてブローしましょう。



◆髪をキレイに乾かすコツ◆


①濡れたままにしないでとにかくすぐに乾かす

髪も顔のケアと同じで、
洗った後はすぐ乾かすのが理想。
タオルドライした後、
なるべくすぐにドライヤーで乾かしましょう。
濡れたままにしておくと、
水分が蒸発していく過程で熱が奪われ、
頭皮の温度が下がり血行が悪くなります。
また、濡れたままの状態が長いとクセが出てくるので、
それから乾かしてもなかなか収まりません。
雑菌の繁殖を防ぐ&キューティクルを守るといった意味合いでも、
濡れた髪は手早く乾かしましょう。



②美容院でもやっているように保護剤をつける

美容院では髪を乾かす時に保護剤をつけますよね?
髪を守るために、
洗い流さないトリートメントスプレーなどを、
適量につけるのが必須です!
でないと、ドライヤーの熱で髪の毛の水分が抜け、
それがパサつきの原因になってしまうのです。
保護剤は熱から髪を守ると同時にパサつきを抑え、
またドライヤーの熱で、
潤い成分を髪に浸透させる役割を担っているのです!



③頭皮に近い髪など、内側から乾かす

まずは乾きにくい内側から外側へ乾かしましょう。
髪の根元に温風が行き渡るように下に手を入れ、
地肌を軽くこするように動かし内側に温風を送ります。
その後手で内側を持ち上げたら、
頭皮に近い髪の毛あたりから乾かし始めましょう。
毛先はもともと乾きやすく、その分傷みやすいので、
なるべく直接ドライヤーの風を当てないようにしましょう。



④ドライヤー動かし続ける

髪の方ではなく、
ドライヤーの方を動かすことがポイント!
1カ所に集中してドライヤーを当てると、
髪の水分を蒸発させてしまうのでNG。
髪から20cmほど離して、
細かく振りながらドライヤーをあてましょう。



⑤最後は冷風で閉じ込める

ある程度髪が乾いてきたら冷風で仕上げに入りましょう。
髪は冷えるときに形状が決まるので、
この時に自分好みの毛先にすることがポイントです。
全体的に乾いてきたら風量を抑えて気の流れを整え、
最後に冷風をあてて髪の水分の蒸発を抑えましょう。
冷風で仕上げることによりキューティクルが収縮して、
サラサラなツヤのある髪が出来上がります。
また、髪と頭皮の栄養分が逃げず、
うるおいのある髪と頭皮にもなりますよ。



◆最後に◆

自然乾燥絶対にNGです!
濡れたままにしておくと雑菌が繁殖し、
頭皮かゆみ・匂い・炎症の原因になることがあります。
また、濡れたままで寝てしまうことで枕との摩擦が生じ、
髪が傷みやすくもなってしまいます。
一番のデメリットは、
キューティクルが開いた状態のままになってしまうというところ!
開いたままは、ダメージを受けやすい危険な状態です。
キューティクルが一度傷つくと生え変わるまで元に戻りません。
髪を洗った後はしっかりとタオルドライしてブローをしましょう!

併せておすすめ↓
030.gif053.gif
049.gif056.gif
012.gif010.gif

[PR]
# by olngimub | 2014-03-03 12:47